初めての借金の思い出

思い出というにはちょっと辛いものがありますが、自分は過去に借金をしていたことがあって結構やらかしたというものがあります。
初心者でも簡単に借りれるというキャッチコピー通りにたしかに即日審査で借入が出来て、消費者金融もやるもんだなと思っていたのですが、やはりご利用は計画的にというのは本当に大事だと感じました。
その時はアルバイト暮らしでしたので色々と生活費が大変だということで借り入れをしましたが、やはりキャッシングカードがあるということはクレジットカードど同じようなもので、その限度額までのお金を持っていると錯覚してしまうわけで、それでズルズルと借入を続けてしまいました。
それでも返済はちゃんと毎月遅れないようにしていたのですが、やはり全然借金が減らないということでどうしたものかなと思ったのですが、ある日そのからくりに気づいてしまいました。
というのもその消費者金融の金利や返済方法がいわゆる残高スライド方式というもので、俗に言うクレジットカードのリボ払いと同じ方式というのが分かりました。
これはとてもショックを受けたというか、自分がうかつだったと実感しましてそれで本腰を挙げて借金を返済するようになりました。
現在では定職についてその借金は完済しましたが、やはり返済方法はちゃんとチェックしておかないとダメだというのを学びました。

月々の借金の負担感

私が借金をしていたときは、気軽に利用していることが多かったです。
友達と遊びに行くお金がなくて借金をしていたり、欲しいものを購入するための資金に借りていることが多かったです。
私の場合はカードローンで利用することが多かったです。
カードローンは、ATMに行けばすぐにお金を借りることができるので、手軽に利用できるのが便利でした。
この手軽さに罠が潜んでおり、一度カードローンの便利さを実感してしまうと、お金がないときはカードローンに頼ってしまうことが多かったです。
計画的に借りているとは言えない状況になってしまい、毎月の返済に窮してしまうことがありました。
返済日に口座の残高が不足してしまっているときは、家族や友人にお願いしてお金を借りてしまうこともありました。
そんなことを繰り返している内に、家族からかなりきつく叱責されてしまい、カードローンを利用することを止めました。
止めたからといってすぐに借金がなくなる訳でもなく、その日からは月々の借金返済が大変でした。
借金の返済のために倹約する日々が続いたので、生活が本当に大変でした。
計画性もなく借金をすると、こんなにも負担感が増し生活が大変になるのかと実感することができました。

消費者金融と銀行系カードローンの差異について

消費者金融と銀行系カードローンはどちらもキャッシングですが、明確に差異を知らない人が多いようです。
実は明確に差異があり、このことを知る知らないでキャッシングに対して有利不利を受けてしまいかねません。
内容を知っておくことで、借入や返済で損をしないようにするべきでしょう。
消費者金融は年収の1/3以上の借入を禁じる総量規制があります。
総量規制の対象者は新たにキャッシングを受けることができません。
しかし、銀行系カードローンは銀行業法に則っており、総量規制は関係ないのです。
つまり新たに借入することをあきらめていた人でも、銀行系カードローンなら可能性はあるということになります。
また金利に関しても必ずしもとは断言できませんが、銀行系カードローンの方が比較的低く設定されています。
ただし大手消費者金融は無利息期間サービスを用意していることが多く、すぐに返済できる予定のある人は、間違いなく消費者金融の方がお得でしょう。
このように消費者金融と銀行系カードローンには幾つか借入返済の際に違いがあります。
どちらが絶対に優れているとは言い切れませんが、各自の利用用途に応じたカードローンを選ぶことが大事でしょう。
是非、検討してみることをオススメします。

借金は放置してはいけない

一度だけ、キャッシングによる借金をしたことがあります。何気ない気持ちで、ATMからお金を引き下ろしてしまったのです。利用可能な限度額は、数十万円ぐらいだったので、そこに達する少し前ぐらいの額を借りたと思います。
そのキャッシングで得たお金は、交際費や欲しいものを手に入れる時に使いました。要するに、自分の生活のために使ったのではなく、色々と無駄といえることにお金を費やしたのです。これは後になって思うと、どうしようもないお金の使い方です。軽い気持ちで借金をして、しかもそのお金を娯楽に使ったのですから、借金の恐ろしさを知らなかったのでしょう。
借金はずっと放置をしていると、利息で膨らんでしまいます。私はまだまだお金を使い足りなかったので、中々借金を返済しようとしませんでした。そこでずっと放置していると、返済金額が、かなり増えていたのです。これを見た時にはびっくりして、急いで借金の返済にお金を充てました。かなりの金額を支払うことになったので、返すのにも苦労をしました。
借金は、返さないまま過ごしていると、その恐ろしさが増してしまいます。浪費癖のある私のような人間は、借金を放置しやすいので、もう借りないと心に決めました。

借金する時のプレッシャーは無利息キャッシングを利用する事で多少軽減される効果があります

給料日前になると、立て続けに飲み会や冠婚葬祭のイベントの予定が入る事が多く、無駄な支出を止めたくても強制的にお金が飛んでいく事はよくあります。もし生活費の確保に影響を与えるようなら、社会人の場合は消費者金融や銀行の無利息サービスを活用して借金してお金を工面するのも良い方法です。 
無利息キャッシングは、大体30日の指定期間以内に借りた額の完済がされると一切利息は請求しない嬉しい特典ですが、返済方法は翌月に一括返済が必須になるので、ある程度計画性を持って金銭管理をしている人のほうが利用価値はあります。
無利息キャッシングのサービスは、アコムやプロミス、レイクでも提供しているので、出来る限り利息を軽減したいなら複数社契約するのも賢い考えになりますが、全くの同時期に2社以上の借金契約を申し込むとブラック認定になる恐れもあるので、借金が初めての人は1社のみの契約が堅実です。
又、無利息キャッシングはノーローンやプロミスだと初回の借入に限らず頻繁に利用する事も可能なので、あまりに利用回数が多いと、次第にキャッシングに対する慎重な考えが失われ、安易に借入を続ける事で多重債務に陥る危険もはらんでいます。
ただ普段から金銭管理がしっかりしている人なら、無利息キャッシングは借金する時の返済のプレッシャーがだいぶ軽くなるのは確かなので、本当にお金が必要な時だけ正しい知識を持って有効利用しましょう。

借金返済で困った体験

これまでにいろんな手段で借金をした事がありますが一番困ったのは大手の消費者金融から借りれなくて仕方なしに聞いた事もないような小規模な消費者金融から借金した時が一番困りました。

それはどうしてかというと、私が利用したこの小規模な消費者金融は借入れ審査はないようなもので簡単に借りれたのは良かったのですが利息が明らかにおかしい消費者金融だったからです。

ですから、ここからお金を借りれて良かったのですが結局返済の時になってかなり困った事になりました。なので、これからお金を借りようと思っている方は消費者金融選びは慎重にされる事をおすすめします。

特に借り入れ審査が想像以上に緩いような所はできるだけ避けた方が無難です。
それなりに借り入れ審査がある所ならそこは借り手の返済能力を見て普通に借金返済できるか
どうかを見ます。

ですが、私が利用したようなろくに審査もないような所を利用しても借りる時は簡単でも
返済の時に思わぬトラブルになる事もあります。

ですから、これから消費者金融からお金を借りようと思っている方はそこがしっかり借り入れ審査をしているかどうかを確認してから利用される事をおすすめします。

それで変なトラブルに巻き込まれるリスクはかなり減ります。

ヤミ金からお金を借りるということ

多重債務や過去の自己破産などの経歴があると消費者金融を始め一般的な金融機関は融資を行ってくれなくなります。ただ、すでに他の債務の返済等で苦しんでいる方にとってはどうにかしてお金を借りるしかなく、最後に行き着くのはヤミ金であると言われています。
しかし、私はどんなことがあってもヤミ金からお金を借りるということは絶対に避けるべきであると断言します。ヤミ金を利用するくらいであれば、全ての財産をなげうってでも自己破産をすべきです。それほどヤミ金と言うのは危険なものであり、一般人が手を出してよい存在ではありません。
なぜヤミ金が問題なのかと言うと2つ理由があります。1つは通常ではあり得ない金利です。消費者金融等の融資は法律で定められた金利つまり年率18%を上限としていますが、ヤミ金は堂々と法律に違反していますから平気で年率1000%といった異常な金利を突き付けてきます。しかし、借金をする側はヤミ金しかお金を貸してくれる相手がいないので、借りざるを得ないというわけです。
もう1つの理由は取り立てにも規制がないという点です。実は消費者金融等の取り立ては金利と同様に規制されており、今ではさほど過剰な取り立てが行われることはありません。一方、ヤミ金はその規制も無視していますから時間を問わず、自宅親族宅会社などあらゆる方面に脅迫的な取り立てを行います。これは精神的に大変辛く、犯罪を犯してでも借金を返そうと事故や事件を起こしてしまう方も少なくありません。
こうしたことからどんなに借金の返済が厳しくともヤミ金だけは利用しないようにしてほしいと思います。

最も安全な借金の仕方

100万円以上といった金額であれば難しいと思いますが、
数十万円程度であれば可能な借金の仕方があります。

それは友人に借りることです。
友人と言ってもある程度親しい人でなければ信用されませんから注意が必要です。
しかし友人にお金を借りる場合は、基本的に利子がつきません。
またお金を貸した側の友人も、友人であるがためになかなか借金の返済の催促をすることが
できません。
ですので、借金の利子を回避できる上に借金督促のプレッシャーからの逃れられるのです。

友人からお金を借りる際のコツは、一度少額を借りてすぐに返して信用を築くことです。
いきなり30万円借りたいといっても人はすぐに貸してくれません。
最初は数万円程度を借りて、数日後にそっくりそのまま返して信頼してもらいます。
そして信用を確立できたところで、10万円程度を借りるようにするのです。
複数人に借りれば合計で数十万円は借りられるでしょう。

また借りる際に正答な理由をつけることが必要です。
自分のお小遣いが欲しいから、とかモノを買いたいからという理由でお金を借りることは
できないでしょう。
親が病気になって医療費が払えないとか、自分が胃潰瘍になって治療費が払えないとか
相手が同情するような話をして助けてもらえるようにすることが大事です。
借金と言っても他人のお金ですから、一生懸命働いて返すようにしなければ相手に迷惑がかかってしまいますし、
友人関係が壊れてしまいます。お金を借りたら一生懸命働いて返すべきでしょう。

大手で借金できないのは本当に困ります

恥ずかしながら、以前借金が原因で債務整理を経験した事があり官報及び信用情報に名前を登録されてしまいました。特に官報に関しては誰もが目にする事ができる媒体ですから、世間に対して自ら汚点を公開した形となるでしょう。

とは言え、勤務先や給与の取得状況に対して債務整理の事実が影響する事はほとんどありません。誰かが社内で噂しないか等、多少疑心暗鬼になってしまうなどの精神的被害その他に、目立った生活上の問題は起きていませんでした。

ところが、一度資金に窮すると債務整理の履歴というものは大きく影響します。債務整理をした翌年から交際を始めた恋人がいたのですが、そろそろ結婚を考えようという場面でどうしてもお金が必要になったのです。
私はその事実を恋人に隠しており、ある程度貯蓄があるかのように振舞っていました。今更貯蓄がない等と真実を打ち明ける事はできませんし、何とか資金を捻出する必要に迫られたのです。

ですが、大手消費者金融は当然の如く融資をしてくれません。以前借金で債務整理をした企業はもちろんの事、他の大手企業も全て断られてしまったのです。
悩んだ挙句、私が利用した消費者金融はブラックOKと広告を打っている小さな街金です。闇金ではないかと疑いながら借金の申込みを行ったので、とても大きなストレスを感じました。大手で借金ができるならば、本来感じる必要のないストレスですから、この時ほど以前の借金を後悔したことはありません。

更に問題点は積み重なります。審査を無事通過しても、融資の上限金額は大手と比べて数段低いわけですし、返済の方法も残債の確認も限られた手段しか取れません。24時間受付なんてもっての他で、とても大きな苦労をする事となりました。

消費者金融について

消費者金融は一昔前までは極めて羽振りの良い存在でした。返せないような金額を貸し付け、強引に回収していくということで、多くの人はこれで人生を破滅させられました。悲劇的な例としては、老人三人が踏切で自殺したというようなことさえありました。これなどは病気からほんの些細な額を消費者金融から借りたことがきっかけでした。
借金は怖いということを思い知らせてくれるエピソードですが、このようなことが大きく報道されますと、このようなものを放置していてはならないということで、法規制が行われるようになりました。最も消費者金融にとって痛手だったのは、いわゆるグレーゾーンでの貸し付けは違法であると断じた最高裁判決が出たことでしょう。これにより膨大な過払い請求が提起され、大手の消費者金融でもこれで破綻したところもあります。
今は、消費者金融は大手の銀行の傘下になっています。これは大手の銀行としてもノウハウが欲しいということもありますし、消費者金融としても合法性を印象付けたいというのがあり、両者の思惑が一致したからです。これ以後は、大手はそんなに強引なことは行っていないようですが、闇金融が全く消滅したというわけでもないようです。