借金返済で困った体験

これまでにいろんな手段で借金をした事がありますが一番困ったのは大手の消費者金融から借りれなくて仕方なしに聞いた事もないような小規模な消費者金融から借金した時が一番困りました。

それはどうしてかというと、私が利用したこの小規模な消費者金融は借入れ審査はないようなもので簡単に借りれたのは良かったのですが利息が明らかにおかしい消費者金融だったからです。

ですから、ここからお金を借りれて良かったのですが結局返済の時になってかなり困った事になりました。なので、これからお金を借りようと思っている方は消費者金融選びは慎重にされる事をおすすめします。

特に借り入れ審査が想像以上に緩いような所はできるだけ避けた方が無難です。
それなりに借り入れ審査がある所ならそこは借り手の返済能力を見て普通に借金返済できるか
どうかを見ます。

ですが、私が利用したようなろくに審査もないような所を利用しても借りる時は簡単でも
返済の時に思わぬトラブルになる事もあります。

ですから、これから消費者金融からお金を借りようと思っている方はそこがしっかり借り入れ審査をしているかどうかを確認してから利用される事をおすすめします。

それで変なトラブルに巻き込まれるリスクはかなり減ります。

また、最近ではソフト闇金といったものが存在しています。
ソフト闇金は、すごく丁寧な対応で、しかも審査が緩い。
だから、ついつい借りてしまうのですが、結局は闇金。
異常な金利を要求してくるのです。

ですので、お金を借りる時は、十分に気をつけましょう。

借金の自覚なく、借金をしていた話

私は1度だけ、大きな借金を抱えたことがあります。

それは、リボ払いの利用のし過ぎで抱えた借金でした。

当時に私には、リボ払い=借金という認識が無く、いくらお金を使っても、定額しか払わなくていい、便利な方法だという感覚しかありませんでした。

今考えると、本当にバカだなと思うのですが、その時は、自分がこんなに大きな借金を抱えているなんて、気づきもしませんでした。

私がリボ払いを知ったのは、脱毛サロンに通い始めたのがきっかけでした。

その脱毛サロンは、一括支払いしか認められず、カードで一旦全額を支払い、その後に自分でリボ払いに変更をするというシステムでした。

リボ払いの仕組みをあまり知らなかった私は、言われるままに契約と支払いをし、後日リボ払いに変更をしました。

その時は、それ以外の支払いをリボ払いにすることは無かったのですが、
転職が上手くいかず、お金が底を付いた時に、ふとリボ払いの事を思い出してしまいました。

そこから、私のリボ払いの多用が始まりました。

初めの内は多少のためらいもあったのですが、慣れてしまえば全く気にならなくなります。

利子をあんなに取られているとも知らず、お気楽な考えで買い物をし続けました。

しかし、あるとき、請求書を見て驚きました。
いつもは請求額しか見ないのですが、たまたま目に入った、リボ払いの未支払い総額に卒倒しそうになりました。

そのとき初めて、自分が犯していた間違いに気づき、このお金を返済しなければいけないという現実を見ることができました。

その大きな金額を見るだけで、涙が出てきました。

自分のバカな行動が原因なので、誰かに助けを求める事も出来ず、とにかく必死に働きました。

返済をし終えるまでには、相当な時間がかかっていますが、最近、ようやくゴールが見えてきました。

今、この経験を振り返ると、自分が実際にお金を手にしていないからこそ、感覚がマヒしてしまったのかもしれないと思います。

お金を見ていないので、返済しなきゃいけないものだという考えにもならなかったんです。

もし今、リボ払いを多用している人がいたら、すぐにやめてほしいと思います。

それは借金です。魔法のお金ではありません。
大事になる前に、しっかりと現実と向き合ってください。

要注意!自己破産をしても免責にならないケース

借金がある方、返済しなくてはいけない負債を抱えている方で、債務整理による自己破産を考えている人がいると思います。しかし、必ずしも自己破産によって支払いを免れない場合があるので注意が必要です。

代表的なケースとしては、「破産者が悪意で加えた不法行為に基づく損害賠償請求権」です。悪意の伴う不法行為によって、賠償責任を言い渡された場合については、自己破産によっても支払いを逃れることはできません。なお、悪意が伴わない過失等の場合はこの限りではないです。
他には「租税等の請求権」「罰金等の請求権」があります。滞納している税金のほか、罰金などは免責に当たらないとされており、自己破産でも免れることはできません。
「破産者が故意又は重大な過失により加えた人の生命又は身体を害する不法行為に基づく損害賠償請求権」では過失の場合の支払い責任を言及しています。例えば自転車事故などで、過失が軽度でない場合は、自己破産をしても賠償請求が行われる可能性があります。ただしこれは状況に左右される部分が大きいでしょう。

このほか破産法において非免責となるケースが複数規定されています。自己破産によって必ずしも免責とならない場合があることは、注意しておいたほうがいいでしょう。

2件のローンで現在合計450万円借金中

私は大卒8年目のサラリーマンです。
世間では割と知名度のあるメーカーに勤めていますが、それとは裏腹に給与ベースは低く、残業を加算して手取り金額がやっと20万円前後を頂いているという状況です。
そんな私は在学中、家が貧しいこともあり、月10万円、奨学金を借りていました。
当時は、就職すれば大卒の給料だし、あっという間に返済できるだろうと安易に考えていましたが、今となってはそんな考えは甘すぎたと感じています。
大学4年間を月10万円借り続けた代償は、利子付きで550万円にも上り、社会人デビューした途端に20年ローンがスタートします。
今も遅延なくせっせと返済していますが、月の返済額は2万円強でも地味に生活を圧迫しているのが実感できます。
更に3年前に新車を購入し、月5万円強のローンがあと1年半残っています。
合計で月に7万円、総額約450万円の借金に今は苦しめられています。
30歳過ぎで貯金もなく、借金ばかりあり給料もいつまでも平行線を辿っていることは、現在付き合っている彼女にはまだ打ち明けることができずにいます。
今後のライフステージとして、結婚し、子供がいずれできるだろうことを考えると、何とも気が重く感じています。
大学に通うため、生活に必要な車を購入するためとはいえ、借金はするべきではないなと今更ながらに痛感しております。

借金は個人のモラルだけでは解決できない

テレビなんかでも借金をして返せなくなったという事で困っている人たちの姿か映し出される事がありますけど、これはやっぱりどうしても仕方ない事の様に感じられます。というのは借金するくらいですからお金に余裕がないんですよね。そうすると返したくても返せないという事になってしまうわけでして、自然とこうなってしまうのです。

これを個人のモラルだけで解決しようとするのは現実的ではない様な気がします。人間は基本的にだらしない面がありますからね。借りる人はやっぱりどうしても借りてしまうものなのです。だから法的に規制するとか、業界内のルールを厳しくするとか、そうしないことには対処できない様な気がします。ただ、そうは言ってもお金を貸すというビジネスが今現在も行われているという事を考えると、それなりに返済できている人がいるというのも事実なのでしょう。それだけ返せるのなら借金しなければいいのにと思うのですが、これがまた不思議なもので延々と同じような事を繰り返す例が後を絶たない様です。

最近は街のあちこちに消費者金融のATMがあったりしますから、借りやすい環境ができていますよね。そういう誘惑に安易に負けずになるべく借金しないようにする事か肝要かと思います。

初めての借金の思い出

思い出というにはちょっと辛いものがありますが、自分は過去に借金をしていたことがあって結構やらかしたというものがあります。
初心者でも簡単に借りれるというキャッチコピー通りにたしかに即日審査で借入が出来て、消費者金融もやるもんだなと思っていたのですが、やはりご利用は計画的にというのは本当に大事だと感じました。
その時はアルバイト暮らしでしたので色々と生活費が大変だということで借り入れをしましたが、やはりキャッシングカードがあるということはクレジットカードど同じようなもので、その限度額までのお金を持っていると錯覚してしまうわけで、それでズルズルと借入を続けてしまいました。
それでも返済はちゃんと毎月遅れないようにしていたのですが、やはり全然借金が減らないということでどうしたものかなと思ったのですが、ある日そのからくりに気づいてしまいました。
というのもその消費者金融の金利や返済方法がいわゆる残高スライド方式というもので、俗に言うクレジットカードのリボ払いと同じ方式というのが分かりました。
これはとてもショックを受けたというか、自分がうかつだったと実感しましてそれで本腰を挙げて借金を返済するようになりました。
現在では定職についてその借金は完済しましたが、やはり返済方法はちゃんとチェックしておかないとダメだというのを学びました。

月々の借金の負担感

私が借金をしていたときは、気軽に利用していることが多かったです。
友達と遊びに行くお金がなくて借金をしていたり、欲しいものを購入するための資金に借りていることが多かったです。
私の場合はカードローンで利用することが多かったです。
カードローンは、ATMに行けばすぐにお金を借りることができるので、手軽に利用できるのが便利でした。
この手軽さに罠が潜んでおり、一度カードローンの便利さを実感してしまうと、お金がないときはカードローンに頼ってしまうことが多かったです。
計画的に借りているとは言えない状況になってしまい、毎月の返済に窮してしまうことがありました。
返済日に口座の残高が不足してしまっているときは、家族や友人にお願いしてお金を借りてしまうこともありました。
そんなことを繰り返している内に、家族からかなりきつく叱責されてしまい、カードローンを利用することを止めました。
止めたからといってすぐに借金がなくなる訳でもなく、その日からは月々の借金返済が大変でした。
借金の返済のために倹約する日々が続いたので、生活が本当に大変でした。
計画性もなく借金をすると、こんなにも負担感が増し生活が大変になるのかと実感することができました。

消費者金融と銀行系カードローンの差異について

消費者金融と銀行系カードローンはどちらもキャッシングですが、明確に差異を知らない人が多いようです。
実は明確に差異があり、このことを知る知らないでキャッシングに対して有利不利を受けてしまいかねません。
内容を知っておくことで、借入や返済で損をしないようにするべきでしょう。
消費者金融は年収の1/3以上の借入を禁じる総量規制があります。
総量規制の対象者は新たにキャッシングを受けることができません。
しかし、銀行系カードローンは銀行業法に則っており、総量規制は関係ないのです。
つまり新たに借入することをあきらめていた人でも、銀行系カードローンなら可能性はあるということになります。
また金利に関しても必ずしもとは断言できませんが、銀行系カードローンの方が比較的低く設定されています。
ただし大手消費者金融は無利息期間サービスを用意していることが多く、すぐに返済できる予定のある人は、間違いなく消費者金融の方がお得でしょう。
このように消費者金融と銀行系カードローンには幾つか借入返済の際に違いがあります。
どちらが絶対に優れているとは言い切れませんが、各自の利用用途に応じたカードローンを選ぶことが大事でしょう。
是非、検討してみることをオススメします。

借金は放置してはいけない

一度だけ、キャッシングによる借金をしたことがあります。何気ない気持ちで、ATMからお金を引き下ろしてしまったのです。利用可能な限度額は、数十万円ぐらいだったので、そこに達する少し前ぐらいの額を借りたと思います。
そのキャッシングで得たお金は、交際費や欲しいものを手に入れる時に使いました。要するに、自分の生活のために使ったのではなく、色々と無駄といえることにお金を費やしたのです。これは後になって思うと、どうしようもないお金の使い方です。軽い気持ちで借金をして、しかもそのお金を娯楽に使ったのですから、借金の恐ろしさを知らなかったのでしょう。
借金はずっと放置をしていると、利息で膨らんでしまいます。私はまだまだお金を使い足りなかったので、中々借金を返済しようとしませんでした。そこでずっと放置していると、返済金額が、かなり増えていたのです。これを見た時にはびっくりして、急いで借金の返済にお金を充てました。かなりの金額を支払うことになったので、返すのにも苦労をしました。
借金は、返さないまま過ごしていると、その恐ろしさが増してしまいます。浪費癖のある私のような人間は、借金を放置しやすいので、もう借りないと心に決めました。

借金する時のプレッシャーは無利息キャッシングを利用する事で多少軽減される効果があります

給料日前になると、立て続けに飲み会や冠婚葬祭のイベントの予定が入る事が多く、無駄な支出を止めたくても強制的にお金が飛んでいく事はよくあります。もし生活費の確保に影響を与えるようなら、社会人の場合は消費者金融や銀行の無利息サービスを活用して借金してお金を工面するのも良い方法です。 
無利息キャッシングは、大体30日の指定期間以内に借りた額の完済がされると一切利息は請求しない嬉しい特典ですが、返済方法は翌月に一括返済が必須になるので、ある程度計画性を持って金銭管理をしている人のほうが利用価値はあります。
無利息キャッシングのサービスは、アコムやプロミス、レイクでも提供しているので、出来る限り利息を軽減したいなら複数社契約するのも賢い考えになりますが、全くの同時期に2社以上の借金契約を申し込むとブラック認定になる恐れもあるので、借金が初めての人は1社のみの契約が堅実です。
又、無利息キャッシングはノーローンやプロミスだと初回の借入に限らず頻繁に利用する事も可能なので、あまりに利用回数が多いと、次第にキャッシングに対する慎重な考えが失われ、安易に借入を続ける事で多重債務に陥る危険もはらんでいます。
ただ普段から金銭管理がしっかりしている人なら、無利息キャッシングは借金する時の返済のプレッシャーがだいぶ軽くなるのは確かなので、本当にお金が必要な時だけ正しい知識を持って有効利用しましょう。